メンタルヘルス基本方針

私たちは次の方針を掲げ、メンタルヘルスに関する取り組みを行ってまいります。

心の健康づくりの取組み方針

当社は、企業が健全に成長し活動していく上で、社員が健康で安全に働けることが全ての基礎であり、社員が仕事を通じて、より豊かな社会生活を実現できるよう支援することを目指します。
その実現のために、厚生労働省「労働者の心の健康の保持増進のための指針」等に従って、労働安全衛生法第66条の10に定める労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査(以下「ストレスチェック」という)を実施し、もって社員の心の健康づくりおよび活気のある職場づくりに取り組むことを方針といたします。

ストレスチェック制度の目標

社員自身のストレスへの気付きおよびその対処の支援ならびに職場環境の改善を通じて、メンタルヘルス不調となることを未然に防止する一次予防を目的としており、メンタルヘルス不調者の発見を一義的な目的とするものではありません。
よって、社員が安心して制度に取組めるよう、個人情報等の秘密情報に十分配慮し、以下の項目を達成させることを目標といたします。

(1)管理職を含む社員全員が心の健康問題について理解し、心の健康づくりにおけるそれぞれの役割を果たせるようにする。
(2)円滑なコミュニケーションの推進等により活気ある職場づくりを行う。
(3)管理職を含む社員全員の心の健康問題を発生させない。

ページの先頭へ