自動車樹脂部品金型設計ツール開発

設計コスト削減に協力します

CATIA V5で樹脂金型を設計する標準的なモデルを仕様に合わせて自動的に作成できる雛形をお客様の要望にあわせてお作りいたします。

CATIA V5を使い樹脂金型設計をされているお客様から以下の要望を受け雛形作成を手掛けました。

  1. 設計時間(コスト)の1/2化
  2. 短納期に対応可能なツール作成
  3. 金型設計熟練技術者不在に対応してほしい
  4. 設計ミスの低減

CATIA V5での樹脂金型設計において、設計時間の短縮化、設計経験不足技術者のサポート、設計ミスの低減および不成立箇所の指摘が可能となり、設計コスト削減に役立ちます。
一つ一つ手作りで、各お客様の要望に合わせて作りますので使い勝手も快適。

写真:自動車樹脂部品金型設計ツール開発

写真:自動車樹脂部品金型設計ツール開発

特徴

  • お客様で設計頻度の高い部品ごとに金型設計の基礎となる雛形を用意します。
  • 設計経験が浅くても仕様が解れば半自動でモデルを作成することが可能となります。
  • 標準部品、使用頻度の高い購入品等は登録して選択するように設定できます。
  • 基本的な加工箇所も選択方式にできるため短時間で金型の形状を決める事ができます。
  • 現状お使いのCATIA V5をカスタマイズいたしますので特に追加でソフト等の購入は必要ありません。

ページの先頭へ