恒温室の伝熱解析

恒温室について伝熱解析を行った温度分布と流跡線です。
壁面からの放熱を模擬し、天井から一定の流速で吹降ろしたときの室内の温度分布が一定となるかどうか、および、淀んだ流れになっていないかの確認を行いました。また、解析精度を向上させる場合は、試験により取得した壁面近傍の熱伝達率を解析モデルにフィードバックする必要があります。

図. 温度分布と流跡線

使用ツール

  • Fluent

設計チームの声

単純な形状のモデルですが、モデルが大きいため入口境界近くにあるパンチングメタルをモデル化せずに、パンチングメタルにて発生する同などの圧損を模擬して対応しました。

写真:設計チームの声

ページの先頭へ