屋外排気ダクトの強度検討および振動検討

屋外用排気ダクトの内部に圧力をかけた場合の変形図です。
計算の簡略化のため1/4のモデルとし、ダクトの膨らみを軽減するため、ダクト周りにリブを設け、どの程度の間隔でリブを設ければ問題のない変形量となるのか、解析を行いました。

また、屋外にあるため突風による共振が起きないか固有値解析を行い、風振動による共振点を外れていることの確認を行いました。

図. 内圧をかけた場合の変形と圧力分布

動画. 固有値解析結果

高次固有モード図

低次固有モード図

使用ツール

  • MSC.Nastran
  • I-DEAS

設計チームの声

解析対象物の形状は単純ですが内部は消音部品やそれらを固定するための各種の部品で構成されており、その中から強度部材となる部品を見極め、短い納期の中で適切なモデルを作成し、適切な強度評価ができるようにしました。

写真:設計チームの声

ページの先頭へ