解析技術分野

最適設計を目指して!

当社のFEMによる解析技術は、1990年頃ロケット推進系エンジン配管の強度検討から始まりました。現在では約50名のエキスパートが航空宇宙分野の強度解析を主体に、熱流体解析、運動・機構解析など、さまざまな解析分野で活躍中です。

技術提供

さまざまな解析ツールと経験豊富な解析技術者が強度解析、熱流体解析、運動・機構解析等の解析技術をサポートします。

MSC/MD/NX Nastran、Patran、Femap、I-DEAS等を使用し、航空機構造および配管等の静強度解析を始め、疲労解析、複合材の強度解析等を行っています。

主にFluentを使用しており、伝熱、温度、流体解析等を行っています。

MSC.Nastran、I-DEASを使用して振動解析および音響解析を行っています。

ADAMSを使用した運動・機構解析を行っています。百以上の解析ケースの計算を自動化しています。

請負業務

2001年にMSC.Nastranを導入したことにより社内でFEM解析ができるようになり、2010年にはMSC.Enterprise Advantageを導入したことで解析の幅が広がりました。現在では順次導入したさまざまな解析ツールを使用して強度解析、熱流体解析、運動・機構解析等を行っています。

高圧・高温配管の強度検討

高圧・高温ガス対応フランジ継手に対する強度解析例です。

航空機胴体の強度検討

航空機の胴体部分の強度解析例です。

屋外排気ダクトの強度検討および振動検討

屋外用排気ダクトに対する強度解析例です。

軸流タービンの流れ解析

回転を模擬した軸流タービンの流れ解析例です。

恒温室の伝熱解析

壁面からの放熱を模擬した恒温室の伝熱解析例です。

コマの運動解析

二つのコマの運動を模擬した運動・機構解析例です。

ページの先頭へ